• HOME >
  • 英会話上達アドバイス

英会話上達には目標設定が必要

従来から叫ばれる英会話の必要性。「必要っていうのは分かるけど・・・」と手をこまねいていた人の中には、「英会話は喋れた方がいいけれど、なくても特に困ることもないだろう」と考えていた人が多いのではないでしょうか。しかし、リーマンショックをきっかけに起こった世界同時不況では、海の向こうで起きた金融不安があっという間に世界を駆け巡り、各国経済に多大な影響を与えるということを思い知りました。少なくとも、「お金に国境など存在しない」ということが証明されると同時に、グローバルな視点で経済動向を見つめ、自分の身に起こりうるリスクを先読みすることが必要なことを学ばされました。また、経済の縮小が避けられない日本で、新たなチャンスをつかみ豊かな人生を歩む上でも、より英語力・英会話力が重要になっていることはもはや誰もが認識することとなりました。
しかし、分かっていても継続できないのが英語・英会話の勉強。一日にして身につくスキルではないため、どうしても継続的な努力が必要です。逆にいえば、英語は言語なわけですから、一定間「継続し学習」すれば、かならず成果を上げられるとも言えます。
では、どうやって「継続学習」するかですが、このためには、期日付きの目標をたててることが必要でしょう。ただし、「1年後に英会話でコミュニケーションができるようにする」といった目標では、その目標を達成することはまず不可能でしょう。もっと細かく具体的な計画を立てることが必要です。例えば、3カ月後にTOEICで730点を取る。そのために、何日までには○○を達成する。といったように、大きな計画を達成するための、さらに細かい具体的な計画を立て、それを着実に守っていくことが必要でしょう。大目標から小さな課題の積み重ね、小さな成功体験を積み上げていく、という努力が必要です。また、ご褒美として、半年後にその成果を活かすべく、一人で海外旅行にトライしてみるといった計画を立ててみるのも効果的だと思います。
もう一点は、自分が楽しく勉強できる方法を取り入れること。人と話をするのが好きであれば、ネットで母国語が英語の友達を作ったり、英会話サークルに入ったりして、話ができる友達・環境をつくるのがいいでしょう。また、映画が好きな人であれば、お気に入りの映画を日本語字幕なしで見れるように、自分の好きなシーンを切り取りながら学習してみるのもいいでしょう。また、語彙力アップを図りたかったら、英会話のDSソフトのように、英会話と遊びを同時に楽しむためのツールに投資をしてみるのも重要なことかもしれません。
とにかく、机の上だけで勉強するような英語勉強では英会話力も身につけるまで勉強を継続することは非常に困難です。自分の楽しみと英語を上手くミックスして、継続して英語が学習できるように努力してみましょう!