• HOME >
  • 英会話の活かし方

英会話を活かす

「海外で働きたい」「英語を使うグローバルな仕事がしたい」「海外で生活したい」など、海外の対する憧れを持つ人は実にたくさんいます。一昔前は、英会話を使いこなすことは、憧れのままであっても(つまり単なる憧れを持ち続けるだけで、実際には英会話をマスターすることができなくても)、就職時に英語・英会話能力を問われない職業も多く困ることはありませんでした。しかし、最近は、一定以上の英語スキルを持つことを条件とする企業も増え、英語力・英会話力がなければ、様々なチャンスを逃してしまう時代になってきています。だからこそ、英語スキルの向上に努める必要がありますが、ただ、仕事のためだけに勉強するよりも、それ以外に英会話が活かせる楽しみを見つけて勉強に励む方が、前向きに勉強できるものです。
それでは、ビジネス以外の用途で英語を活かす方法にはどんなことがあるでしょうか?まず、はじめはなんといっても「海外旅行」でしょう。英語が苦手であると、海外に行くのは不安に感じるもの。そのために、海外旅行に行くことを躊躇されている方は多いのではないでしょうか。そのため、30歳、40歳ぐらいになってみると、例え旅行を趣味としている人でも、海外旅行の経験がある人とない人ではその渡航歴に圧倒的な差が生まれます。確かに国内にも様々な観光スポットがあり楽しめますが、人種や文化が異なる地に実際に足を運び体験することには、国内にいては得ることのできない感動があります。また、異文化の方とコミュニケーションをとることは、自分の視野を広げてくれます。英会話が得意であればある程、異文化コミュニケーションで大きな発見や視野の広がりを感じることができるでしょう。
また、映画や音楽などを、英語そのもので楽しむことができるというのも英会話ができる人の特権です。また、最近であれば、英会話ができれば、自宅のパソコンの前にいながらにして、世界中に友達を作ることもできます。チャットやスカイプで世界の人とリアルタイムで楽しむことができることで、ビジネスに使える重要な情報を何気ないコミュニケーションの中から獲得することができるかもしれません。
インターネットの世界では、日本語のサイトは、江戸時代の鎖国と同じ状態といえます。つまり、どんなにブログやホームページで自分の意見や日々の出来事をつづってみたところで、読んでくれるのは基本的に日本人のみに限定されます。まず、外国人から日本語で検索して自分のブログを見つけてもらうということはないでしょう。しかし、もし、英語でブログやホームページを作ることができたなら自分の発信する情報は世界中とつながります。確かに、検索などで自分のサイトに来訪してもらうことは難しいかもしれませんが、例えば、人気掲示板に意見を書き込んだ場合、世界中の人に貴方の意見を伝えることができます。
このように見てくると、英会話スキルを活用することは、行動範囲や人脈を飛躍的に広げることができます。自分が人生で感じることのできる豊さや幸福感にも広がりが増すと言えるのではないでしょうか。

プロトのGooBikeでR1200GSを探そう。